子育て想造工務店 松雄建設株式会社

MENU

ブログ

創エネルギー・太陽光パネル工場見学に

2014.08.28 Thursday

今日は兵庫県加古川まで隈元君と片道1時間半のドライブに行ってきました。
目的地はノーリツの太陽光パネル工場の視察です。
地域型住宅ブランド化事業でグループを組む
近畿ビルダーズのメンバーと一緒に見せて貰いに行ってきました。
ノーリツ02
太陽光パネルの製造ラインを見せて頂くのは初めてです。
工場の中に入るのもマスクにヘアキャップに帽子着用で、
エアシャワーでほこりを除去して入場でした。
ひとつひとつのどの工程も丁寧に且つスピーディーなのがわかります。
流石!日本のものつくりのラインです。
ノーリツ01
この工場で200枚余りを1日に製造されているそうで、
多結晶の中では最も発電量が多いそうです。
屋上にはメガ発電施設も設置されています。
ノーリツ03
ノーリツさんの最も得意とするのは給湯器ですが、
住宅設備に幅広く参入しています。
弊社も今後は太陽光パネルや太陽温水パネルの自社での設置など
創エネルギーの分野にも強くなりたいと思っています。
まだ、まだ、頼れる企業を目指して頑張ります。
子育て創造工務店《まつゆう》 ←はこちらから
京都向日市 松雄建設株式会社
天然素材・自然素材・無垢の物で建てる木のいえ《やさしい家》
新築・自由設計・注文住宅、リフォーム・リノベーション・ショップデザイン
ご家族が健康的に住める家づくりをひとつひとつ丁寧に造っています。
サーモウールやエコポロン、ヘルスコキュアー。
隠れて見えなくなる所まで厳選しています。
無垢のフローリングや羽目板。桧・杉・パイン・タモ・ナラや栗やオークなど
ロハス・終の棲家・永く住んでこそその家の味を感じ有れる家づくり。
カントリー・大人ナチュラル・プロカント・アンティークなど
かわいい家具雑貨が似合う、造り付けキッチン・造り付け洗面台が標準の《かんと》も好評です。
長期優良住宅が標準のあったかな家《ここち》は安心安全な家を望まれるご家族にはぴったりです。
小さな工務店だからこそ親身になりご家族とずっとお付き合いできる家を造れます。
併設の雑貨店bring-bringにも気軽にお立ち寄りください。

ゼロエネルギー住宅挑戦 

2014.08.18 Monday

2012年度から始まったゼロエネルギー住宅の補助金事業。
今年、ようやく採択を頂きました。
ゼロエネ住宅とは簡単に言うと、
「省エネによって消費するエネルギー量を減らし、
消費したエネルギー以上のエネルギーを作り出すこと」の出来る住宅です。
省エネで強い家を賢く建てる。
安心と安全と長く住んでいいと感じる家づくり(長期憂慮住宅)の次に
省エネルギー住宅はこれから必要な課題だと取り組んできました。
分厚いマニュアルとにらめっこし、
共感して頂けるお施主様と意見を交換して、
ようやく、提出にこぎ着けました。
ゼロエネルギー住宅
家の断熱性能には自信があるのですが、お施主様自身の希望を織り交ぜての断熱性能、
エネルギーの少ない給湯や暖房などの設備機器をメーカーとタイアップしながら研究し、
削減率100%を達成する住宅提案が出来ました。
書類を送付して約1か月半。
合格のメールと共に採択通知の知らせが届きました。
ゼロエネ住宅認定
まだまだ、着工するまででも、協議も、計算も、書類作りもたくさんありますが、
これから完成に向けて頑張りたいと思います。
完成の時には見学会でご披露できればと思います。
そして、この経験から、まつゆうのやさしい家も、成長させていきたいと思います。
木造住宅で50年 京都・子育て想造工務店~まつゆう~ 松雄建設株式会社

(さらに…)

京都産木材の出荷元の森林を訪ねてきました。

2014.08.02 Saturday

『NPO法人京都くらし方研究会』の事業に参加してきました。
場所は京都府南丹市日吉町
夏休みの子どもたちと一緒に学べる機会として
たくさんの親子の皆さんと山に入って行きました。
切り開かれた山道を進んで、作業中の現場へ
樹齢約50年の木々が立っていました。
  日吉03   日吉02
ここの木々は主に杉と桧ですが、実は
日本の整備されている人の手が植えて育った人工林は殆どが杉と桧なんです。
それでは、この2本の丸太はどちらかが杉で、もう一本が桧ですが、分かりますか?
       日吉01
左の中心辺りが赤いのが杉で、右の丸太が桧です。
見分け方は切り口を見ればわかりやすいのですが、葉や表面の川の形状や色でも判断できます。
下の写真は中央の参道を隔てて、
右はうっそうとしていて暗く、
左は日が差し込んで明るいのがわかると思います。
     日吉05
左はいい木を良好に伸ばすために、枝を払い、間伐して、手を入れているからです。
そうするることにより、
木の足元まで日が差し込み⇒草花が根を張り⇒土がしっかりし⇒木々が成長するという
良いサイクルが生まれてくるんです。
まつゆうも、新築やさしい家には京都産の桧を柱に、杉を枠材や床板などに採用しています。
その木材の源を改めて見せていただけて、大変勉強に成りました。
お世話になった日吉森林組合は、手入れや伐採する必要な費用を明確にすることにより、
山の地主といい関係を築いているそうです。
そこから生産されている木を、
今度は工務店とお施主様ともいい関係を築きいて生かして行きたいと思います。
午後からは、林業をテーマに地域を再生し『ニシアワー』というブランドを作り上げた、
岡山県、西粟倉村の森の学校から牧先生にお越し頂いて、講演をお聞きしました。
日吉04
50年、100年というスパンで森を育てていく構想の中で、
世代や地域を越えて未来を創造できるようにイメージを共有し、
林業から人と産業を生み出す工夫を考えられたそうです。
共感するところの多いお話を聞かせて頂きました。
京都・向日市 子育て想造工務店~まつゆう~
自然素材で健康的に住める家づくり
新築注文住宅・自由設計で建てる木の家なら
無垢フローリングや珪藻土ケイソウくん
スイス漆喰カルクウォールやそとん壁など塗り壁うを使った
リフォーム・リノベーション・店舗改装もお任せ下さい。