子育て想造工務店 松雄建設株式会社

MENU

ブログ

梅雨入り

2007.06.14 Thursday

今日関西も梅雨に入ったそうです。
例年に比べ少し遅いようですが、
工程を段取りするものにとっては頭の痛い時期です。
室内作業が多い時は「水不足解消には雨も必要だね」なんて
グローバルな事を言えるのですが、
外部作業が詰まっている時は
頭の痛い原因でしかありません。
今年は後者です。
ちょうど足場を外す直前の現場が1件。
外部工作物の化粧直しが1件。
外構工事が1件。
解体着工が1件。
毎日が天気予報とのにらめっこです。
100%の降水率なら諦めもつきますが、
50%のしとしと雨では未練も残り、欲も出ます。
以前は進めることを優先する事が多かったと思います。
今は良い仕事の確保を1番に考えるようになったと思います。
良い仕事が出来ないのならお客様に理解を得て伸ばします。
簡単そうに言ってますが、此れが一番難しいのです。
お客様のご事情。
他の仕事や職人との折衝。
要約、長い目で見て満足行く仕上がりを優先できるようになりました。
そうは言っても、何とか間に合わす!!
は最後まで諦めないのですがね。
今年の梅雨は空梅雨を望みます。

クレーム対処。

2007.05.30 Wednesday

先日クレーム対応へ。
クレームと言ってもお客様のお隣さんからのクレームです。
お隣様が言われるには
「地中から水が沸いている。水はそちらから来ている!」と。
到着後給排水菅関係を調査しましたが異常なし。
当社の施工内容に不信感がある上に、
最近床下が湿気ている事がクレームの発端のようです。
異常は無いとお伝えするのですが、
お互いがそれぞれの主張をするばかりで段々口調も荒くなります。
異常は無かったのですからこのまま帰っても良いのですが、
このままでは我社のお客様の状況は変わりません。
一度気を取り直し 先ずはお隣様話を聞く事だけに専念してきました。
そして「お気持ちわかりますよ」と整理をして差し上げると・・・・
・・・実は不信感の有った工事も15年程前の工事。
最近、床下が湿気るので原因が分からず人の良い隣の方へ
食って掛かっていただけとの事。
最後には「言い過ぎて悪かったね。」っと言って下さりました[emoji:e-278]
お隣の方はかなり年配のおばあさんだったのですが、
先ずは話す相手の方の話を聞き理解する
それが お互いの納得の近道 である事を改めて感じた場面でした。

手伝い?

2007.05.22 Tuesday

今日は全面改装を頂いているA邸の増築の建て方。
昔こそ(30才中まで)建前に参加して一緒にかけや(大きい木製の木槌)を振るっていたり、2階の梁の上を歩いていたのですがいつの間にか下で見るほうが多くなっています。
増築の建て方は短時間でもあり、解体も伴ったので3時間程
相判してきました。
実は屋根の匕首が難しく大まか形が出来るまで見ていたったのですが、
午前中で骨組みは上がった所で次の仕事へ。
久し振りの為か足が疲れているのが分かります。
いつの間にか足に力が入っていたのですね。
ちょっと鍛えておかねば、現場系なんて言ってられません。
さて、タイトルの『手伝い 』ですが、
最近見なくなりましたが、以前は
棟上の補助や解体や現場の雑用を受け持つ仕事の事を
手伝いと書いて てったい と呼んでいました。
今日の仕事こそ、その手伝いだったなぁって思った次第です。