子育て想造工務店 松雄建設株式会社

MENU

ブログ

能登半島地震

2007.03.29 Thursday

3月25日午前9時42分ごろ、北陸を中心に強い地震。
輪島市では200棟以上が全・半倒壊との知らせです。
画面から飛び込んでくる建物倒壊の映像は
殆んどが古くからの木造家屋で、
瓦屋根がその形のまま地面近くまでおちています。
屋根が土を使った瓦で、
1階部分に大きな広間が続いているか、
開口が広く取られているかと見えます。
足元が不安定で頭部分が重く、
筋交もか金物も殆んど使用されていない
築40~50年位は経た建物なのでしょう。
今日築40年の同様な構造の建物を調査してきました。
建物は言うなれば構造的にもしっかりした組み方で柱も梁も屋根も基礎も40年前では一流の建築物でしょう。
しかし、基礎と土台・柱と梁への締結金物も筋交も火打梁も確認できませんでした。
自重に対しては充分過ぎる構造なのですが、
横揺れ、上下の揺れの引抜には全く対処がされていないんです。
阪神淡路も北海道も北越も今回の能登もこの引抜への対処不足が
倒壊の大きな要因の一つです。
今回たまたま同時期に同様の構造の建物で
地震対策の仕事をお受けできたのも、
気を引き締める上でも良い取り組みが出来そうです。
安心して工事完了後を過して頂けるように、
研究し、施工させて頂きたいと思いました。

相談あり。

2007.03.27 Tuesday

 昨夕友人より電話があり「相談があるから寄れへんかぁ?」とのことだったので急ぎの仕事を済ませて友人の仕事場へ出で向きました。
 彼はこれまでも仕事の紹介もしてくれる良い友人です?
 彼の店の従業員さんの相談への相談でした。
 実は数ヶ月前にその従業員さん、購入したい物件があるのでと以前にも相談は受けた事が有ったのです。
 その時は既にその案内販売所で申込書を書かれていたので、仕事的には入れなかったのですが、アドバイスはさせていただいた方でした。
 
 さて、その物件への入居も決まり、テラスと雨戸を追加で着ける為の見積もりを販売会社から提示してもらったのですが、金額的にどうか?
 場合によっては弊社で出来ますか?という相談でした。
  
 金額的には一般的な値段~1割程度高いかもしれない程度でした。
 そして、販売会社からは他社で施工された場合は外壁に関しての補償が出来ないと言われたそうです。
 
 最終的には「弊社でも1割引なら喜んでさせて貰えるよ、でも5万円と言うお金は大きいと思うけど、大きな部分で補償を捨てる金額とは言いがたいのでは」とアドバイスさせて頂きました。
 我社としては目の前の受注を頂き、その工事を全うすれば仕事になったのかも知れません。
 僕は家に関することなら何でもまず相談してもらえる事が、生きる道だと自負しています。もちろんそれが仕事にも繋がるのでしょう。
 彼(友人)とはお互いこの町で生活し商売し、根付いてゆくという点でも共通しています。
 住宅に関しては松田に聞け!を言ってくれる数少ない理解者です。
 その期待にも応えたいといけませんね!!
 
 

流れ

2007.03.22 Thursday

仕事の受注には流れが存在します。
難航していた案件の受注が決まるり、その跡1~2件決まるようにもって行くと、それまで止まっていた受注が一気に決まって行きます。
それまで全く声も掛かってなかった案件まで飛んできたりします。
逆に安心していた案件が何かの理由で白紙に戻ったり、忙しい時期を乗り切ってほっとすると仕事がなくなっていたり、、、。
そうなると足掻いても、中々上向きになりません。
もちろん動きの中で起こる必然性の部分もあります。
忙しいあまりに次の仕事の営業や管理を怠っていたり、お待ちしてくださっている見込みの客様のフォローが疎かななっていたり、その家族の動向が目に入っていなかったり・・・。
そんな要員を差し引いても流れや勢いが存在しているようです。
実はこの2~3月忙しかったのですが4月が落ち込みそうです。
そこで、5月に相見積もりの仕事が決まった途端5~8月の仕事の8割の目処が立ちました。
この流れ、勢いを大切にしたい!!が今の心境です[emoji:v-91]