子育て想造工務店 松雄建設株式会社

MENU

ブログ

子育て難しい~!

2013.02.27 Wednesday

去年の秋くらいに7歳の娘が学校で視力検査をして視力が低めBBの紙を
もらってきました。
それまでテレビや本など見えにくそうにしていることも一度もなく
私も主人もお兄ちゃん達も目がいい方なので
『え?いつから見えにくかったの?』とちょっと驚きました。
近くで眼科が1件しかなくて5時半には受付が終わるという理由で
全然行けなくて年末にようやく行くと右も左も0.6で近視も遠視も
どのレンズを入れても0.6という不思議な結果でした
先生からは小さい子には時々あってピントを合わすのが下手というか
もう少し様子を見ましょうと目を休ませる目薬をもらいました。
しばらくして娘が黒板が見えにくいとか黒いツブツブが見える(?)というので
再度、診療時間が少しでも遅い所を探し駅前のたさか眼科を受診しました。
すると両目共0.2という結果で横で娘の検査を見ながらもどんどん不安になって
いきました。以前と同じくレンズをどれに替えても駄目でした。
でも相変わらず本は大好きで見えにくい様子もないしテレビも普通に
見ています。検査を真面目にやってないのか?と考えても
娘は『必死で見てるけどわからないねん!』と言います。
結局、目の疲れをとる目薬を【抱っこ点眼】してみて下さい!と言われました。
精神的に…お母さんにもっと甘えたい!とか学校や家で聞いて欲しい事があったりとか
そういう悩み事が視力に関係する場合があると言われ抱っこして点眼しながら
スキンシップをはかりなさいとの事…様子を見て専門の眼科も紹介しますよって[emoji:e-447]
親やお兄ちゃんには娘ばかりを可愛がり過ぎや~といつも怒られてるくらいなのですが…
コミュニケーションがやっぱり足りてないのかな?
膝によく載ってくるのを「重いっ!30k無理!」て断ってるんですがそれがあかん?
やはりお医者さんに言われるとこたえますね…
最近忙しくて「後で!」が多かったかも…もう少し娘の話を真剣に聞くようにしよう…。
あ~ほんとにいろいろ難しいです!(^_^;)目が少しでも良くなります様に…

無謀なチャレンジ・・・だっかかも^^;

2013.02.26 Tuesday

昨年末から少しは早めに仕事を終えれた時にジョギングをしています。
していますといっても・・・
ついつい理由を付けては断念するので、週に1回は無理としても・・・月に1~2度程度かな^^:
もう少し積極的にとジョギングクラブに参加しました。
そのリーダーから『明日の日曜、吉峰寺経由でポンポン山へに登りませんか?』とお誘いが。
ポンポン山は小学6年の遠足コース。
他のメンバーが何故かみんな欠席のでしたが・・・僕は懐かしいなぁと感じながら参加表明☆
吉峰寺は西山の中腹で私の家から車で15分位昇ります。
迎えに来て下さるということで、家の前で待っていると・・・
防寒姿でリーダーがジョギング姿で現れました!
言葉に出ないほどあっけにとられていたのですが、
今更断れないので、用意をして走り出すことに。
途中から雪が舞ってきましたが、構わず走っていたのですが・・・
吉峰寺
普段5km位しか走ったことがないのに、何とか走って吉峰寺へ。
雪はどんどん強くなっても、ポンポン山へ向かいどんどん山道へ
30分も走ると周りは銀世界になってきました。
ポンポン山
足元はどんどん悪くなり、途中で振り返ると自分の足跡が消えていきます。
それでも頂上で達成感を☆目標に進みます。
でも、初心者の僕は既に両足が攣りだして、
『ヤバイ・・・このままでは遭難も…』と感じて、リーダーに引き返しを提案。
体力が残っているうちに引き返すことにしました。
帰りの下り坂はこけながら滑りながら何とか降りてきました。
吉峰寺まで戻り、食べた『たまごとじうどん』が本当に暖かくて美味しかった
たまごとじ
ひと休憩して、帰りも走って無事家に帰還。
走行距離は約15km
リーダーの併走のお陰で長い距離が走れました。
帰還
ホント・・・このジョギングシューズで雪山は無理やろと生きていることに感謝☆
これは大げさですが、
冒険あり、チャレンジあり、の面白く楽しい日曜でした!
ポンポン山へ
@たかお

建築用の土地って大切ですね。

2013.02.25 Monday

コンスタントに新築のご依頼を頂くと、
土地にまつわる注意事項が多いことに気づきます。
土地にはいろいろな法律の規制がかかっていて、
その規制は地域によって掛る多さも、厳しさは異なります。
同じ土地の大きさでも地域が違えば建てることの出来る大きさも違いますし、
大きさだけでなく、高さにも、境界までとの距離も異なります。
その他、素材、強さ、仕様の規制の京都は外壁の色まで規制がある場所があります。
そう考えると…家づくりは、
今から建てる家のことだけを気にしたらいい訳ではない、ってことになりますよね。
例えば・・・
今、家が建っているのに建て替えが出来ない!なんて土地があるんです。
それは・・・

(さらに…)