子育て想造工務店 松雄建設株式会社

MENU

ブログ

無垢板を張るとき。

2019.07.08 Monday

皆さんこんにちは。
梅雨に入りじめじめしてきましたね。

先日に打ち合わせで行くと、
ちょうど大工さんが床板を張り始めるところでした。

この時の無垢板はオーク材を使いヘリンボーン。
ヘリンボーンとは魚を開いた時の骨の形を表していて、技量と根気のいる貼り方です。

弊社が建てる住宅の多くは無垢の板採用して頂いています。
無垢板は肌触りや質感も素敵で、
湿気を吸放出し湿度をコントロールすることで、室内環境を良い状態にしてくれますが、
その反面、無垢板が伸び縮みするので、施工する時に微調整をしながら貼っていきます。

特に広葉樹の板は針葉樹の板に比べて硬く、
伸びた時に床板を持ち上げてしまうので、上手く調整することが必要です。

下の写真では、薄い板を挟み目ないほどの隙間を開けてながら貼っています。
板の材種、板の硬さ、幅や大きさ、気候や湿度などを判断して貼り方を決めます。

  
無垢のフローロングは幅100㎜前後と狭く、
本当に一枚一枚丁寧に貼るので多くの時間が必要です。

    

大工さんが職人技で貼ってくれた床は、本当に気持ち良いです。
長く住み継続けて欲しいからこそ、いい材料を一枚一枚丁寧に仕上げて頂いています。

さて、冒頭で紹介したヘリンボーは
1週間後に行くと全て貼られてすでに養生の下で隙間から見れるだけでした。

素敵に張れているのを見ることができる9月が楽しみです。
見てみたいと思っていただいた方はイベントをチェックしておいて下さい。

@京都・向日市 子育て想造工務店 まつゆう

自然素材で健康的に永く暮らせる家づくり
向日市・長岡京市・大山崎・京都市・西京区

将棋の勝敗表をつくっています。

2019.06.18 Tuesday

こんにちわ、服部です。

長男が小学2年生、次男が小学1年生の

将棋をはじめたころに

将棋を続けるモチベーションになるかなと、

二人の将棋対戦表を作りました。

当時は”しょうぎかちまけひょう”って平仮名で

書いていたこの表は今では将棋対戦表で半年分。

 

一目でどちらが何連勝してるのか、わかるこの表が
今時、人と比べない、ナンバーワンよりオンリーワン
っていう世の中でいいのか悪いのか・・・

そんな二人もいつのまにやら長男は中学生になり、次男は6年生に、
結局2人とも辞めずに、続けてるので。

ライバルがいるっていうのも悪くないのかなと
今になって思いながら。

中学生になり、部活や勉強で忙しく昔より将棋をする時間は減ってきたけれど
細く、長く続けていたら

年をとっても楽しめる趣味になったら
いいなと思っています^^

 

 

 

お家にグラスアート♪

2019.06.17 Monday

先週末の土曜日

今新築中のお客様に 事務所までお越しいただいて お家の中の室内窓にはめ込むガラスのグラスアートの施工をしていただきました

今回のガラスはわりと大き目でしたが デザインや配色もご自身でお考えいただきすごくシンプルですっきりと素敵なデザインをお考えいただきました

両開きの窓なので ご夫婦で仲良く一枚ずつ施工していただき 一時間半ほどで予定していた表面の施工を完了していただきました

すてきな色合いのかわいいデザインでしょ?

周りの透明に見えるところにも実は凹凸のクリアーなフィルムが貼ってあって 型紙を外して見ると レトロなイメージのデザインガラスにみえるんですよ♪

 

デザインも本当にご自由にお考えいただけますし 施工もガラスを切ったりはんだ付けをしたりっていうのではなく シール式のフィルムやリード線をガラスに貼っていくだけ とっても簡単!

また ガラスにフィルムやリード線を貼ることで 万が一ガラスに物が当たるようなことがあっても ガラスの飛散防止になるので 素敵なデザインと安心の一石二鳥です♪

この後 このガラスの裏側にもリード線を貼って仕上げ 建具屋さんに窓枠を設えてもらって 現場の室内窓にはめられます

また 完成の写真も楽しみにしててくださいね

 

素敵なステンドグラスのような窓を とっても簡単な施工で ご自分でお作りいただくことができます

ぜひ家づくりの思い出に 施工してみませんか?

施工の参考イメージもたくさんありますし ちょっと試しに作ってみるっていうのもできます

ぜひお気軽に グラスアートについてもお尋ねくださいね

 

雑貨屋担当  松田 博美